薬剤師の種類の1つに「認定薬剤師」があります。
認定薬剤師は、特定の専門分野において、高い知識や技術、研修参加や試験合格などの実績・経験が認定された薬剤師です。
がん薬物療法、精神科薬物療法、HIV感染症薬物療法、感染制御、漢方薬・生薬など、様々な分野で認定薬剤師が存在します。
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は、胎児・哺乳児を考慮しながら、妊婦・授乳婦に薬物療法を行い、小児薬物療法認定薬剤師は、小児科の医療チームの一員として、保護者に対しても薬についての指導や助言を行っています。
認定薬剤師の転職先については以下が詳しいです。

認定薬剤師は、医療チームでの薬の処方管理の責任者としても活躍が期待されています。

 

薬剤師の転職といっても普通の仕事と大した違いはないのです。
まずは、求人を探すことになります。
求人は色々な方法で入手できるのですが、今はインターネットを活用することが最もお勧めできます。
或いは、町で無料配布している求人誌などで情報を集めると良いです。
とにかく家から近いほうが良い、というのであれば、自分で歩いて探す、と言う方法もあります。
薬剤師と言うのは、かなりの時間と費用をかけて取得する資格ですから、かなり需要があるのです。
転職自体はそんなに難しいものではないのですが、気をつけないといけないのは良い環境化、ということであり、これはどんな仕事にも言える重要な要素なのです。薬剤師が転職することはそれほど珍しいわけではありません。